海と共に生きる
株式会社臼福本店

PROJECT

PROJECT01
item
臼井壯太朗 Interview
VIEW PROJECT
PROJECT02
item
臼福本店_船頭_座談会
VIEW PROJECT
PROJECT03
item
若手乗組員が語る遠洋漁業の魅力
VIEW PROJECT
PROJECT04
臼福本店の取り組み
臼福本店の取り組み
VIEW PROJECT
PROJECT05
松島さかな市場
七隻のマグロ船を持つ船元が作った市場
VIEW PROJECT
PROJECT06
item
気仙沼の魚を学校給食に普及させる会
VIEW PROJECT
Twitter
Facebook

臼福本店の使命は、日本の漁業に誇りを取り戻すこと。
海の水産資源、沖の漁師と伝統漁法、陸にいる漁師の家族、
そして故郷気仙沼を守り続けることです。

ごあいさつ

株式会社臼福本店 代表取締役 臼井壯太朗
株式会社臼福本店 代表取締役 臼井壯太朗

私がいま、漁業に携わる者のひとりとして強く感じているのが「“食”の大切さ」です。
その裏で働く第一次産業従事者、それを支える人たちの誇りをあらためて訴えたい。
東日本大震災の折、まず食に助けられ、食に携わり続ける自分たちが行動し、発信していくべきだと考えています。

10年ほど前から、漁業を取り巻く状況は大きく変わりました。
原油は高騰し、漁価も低迷、後継者も不足しています。
このままでは、日本の生産者もマグロ資源も減り続けてしまいます。

臼福本店は、明治15年に創業した、約130年の歴史を持つ漁業会社です。
昔は近海船、遠洋の鰹漁船、北転船を手がけていましたが、先代から遠洋マグロ漁業一本に切り替えました。
船が出航してから最終目的地のケープタウンやラスパルマス基地に到着するまで、約1年半。
厳しい仕事をしているのは、言うまでもなく沖で働く乗組員です。
彼らはもちろん、その留守家族を含めた陸をしっかり守り、
伝統漁法であるマグロ延縄漁業を、次世代へ繋げることが、臼福本店の役割です。

震災後あらためて、食の大切さ、エネルギーの大切さ、そして人のつながりの大切さを感じました。
年齢も関係なく、多業種の方々と手を携えることが、
被災地の復興だけでなく漁業の復興、日本全体の復興につながるのではないでしょうか。
そのカギが、気仙沼そして東北の第一次産業の復興にあると私は信じています。